繊維・テキスタイル・織物・衣料に関するのことなら何でも ...石川県能美市所在  【 株式会社 羽田 】

トップ > 企業情報 > 沿革

昭和25年より、地元の方々をはじめ、多くの関係者の皆様にご縁を頂きながら歩んで参りました。

昭和25年 4月

昭和36年 7月

昭和44年 8月

昭和55年 4月


昭和56年10月

平成 元年10月


平成 5年 4月

平成 6年 4月

平成12年 9月


平成14年 2月

平成15年11月


平成19年 4月

平成19年 8月

平成19年10月

平成19年12月

平成21年 4月

 

前社長羽田末男が現在地で個人機業場として創業(織機台数6台でスタート)。

「株式会社 羽田機業場」として設立。工場を拡大し織機を48台に増設。

ナイロンデシン・ポリエステル織物を生産開始(仮撚機6台、織機120台に増設)。

織機台数を48台、仮撚機を3台に減少させ、中近東民族衣装専門工場として、
整経機並びにシャーリング機械(メーカーとの共同開発)1台を新設。

シャーリング織物の需要が高まり、シャーリング機械を増設。

織機・仮撚機を廃棄。強撚糸高級織物の準備を主とした工場にシフト。
ダブルツイスター撚糸機を5台新設、さらに整経機を2台に増設。

社名を「株式会社 羽田」に変更し、代表取締役に羽田好之(現社長)が就任。

シャーリング機械廃棄。ダブルツイスターを7台、整経機を4台に増設。以降、
協力工場(撚糸・整経・織布)を増やす。

賃加工製造の脱却を目指し、オリジナル生地の開発・製造・販売を開始。

複合撚糸機(STP)を新設し、内需・輸出差別化織物と中近東民族衣装織物の
二極化製造を開始。

東京ジャパンクリエーションにオリジナル生地を出展。(以降H18年まで出展

アパレル事業を展開し、ミル・コンバーターシステムを構築。

金沢で個展・ファッションショーを開催。同時にデザインオフィスYTを開設。

独特の光沢を持つ、オリジナル新素材「フラット10」を開発・発表。

「フラット10」に関する事業が経済産業省の地域資源活用プログラムに採択される。

元気なモノ作り中小企業300社(キラリと光るモノ作り小規模企業部門)に選定される。

 
Copyright c 2010 株式会社 羽田 hata-tex.co.jp All Rights Reserved